年齢の高いナースの転職

転職のための病院選びをしているときに、この病院いいな、というその病院の情報が記載されている項目の中で、どういった年齢層が働いているのかを事細かに記載されていることがあります。求職者は、自分の年齢が職場に溶け込むのに値するものなのかを自己分析していき、仮に、その病院で看護の仕事をすることになったのならば、なるべく自分の年齢が近い人と仲良くなろうとし、同年代同士が自分の趣味や看護のあり方などを語り合っていく光景を思い浮かべていくのではないでしょうか。年齢を問わず同僚や上司と仲良くやっていくべきだというムードメーカーとしての資質がある方ならば、入職すれば立ち所にみんなから好かれるムードメーカーとして職場を明るい空気にしていくことが容易に想像できるのです。人と関わることで自分を輝かせたり看護の仕事を充実させることにつながるコミュニケーション能力を持つことの意義を明確にしていくことで、仮に、自分と相手との間に年齢差が大きく開いていても、分かり合おうとする歩み寄りを相手に対して積極的に表していくことにつながると思うのです。

職場では自分が年上でも、新参者として謙虚さが必要です。一通り、職場での動きがわかれば熟練者として先頭に立ち、自分の仕事をこなすことができます。機が熟すのを待つという言葉があります。入職時は謙虚に、職場に慣れたらわが道を進みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

子供がいてもOK!