夜間専門看護師として働く

少ない労働でできるだけ多くのお金をかせぎたい、という看護師に人気なのが夜勤専門の看護師です。
夜勤専門の看護師はその名のとおり、夜の間だけ働きます。
通常の給与に加え、夜勤手当などの手当が付くため、収入が増えるほか、働く時間を夜に限定することによって生活のリズムが整えやすくなるというメリットもあるようです。
また、日勤に比べ一日の勤務時間が長くなることから、仕事をする日数自体も少なくなるため、プライベートな時間をより多くとれるというメリットもある働き方です。

病院は24時間365日、いつでも看護を必要とする人がいます。
それは地域に関係なく、日本国内どこでも、もっといえば世界各国どこでも同じことです。
人の多い地域であれば病院の数も多く、その分夜間に働く人の重要も高まります。

夜勤専門の看護師の需要は多く、求人情報誌や求人サイトなどにもよくでる求人のひとつです。
ただし、夜勤の看護師の募集条件には数年以上の勤務経験を求めることが多くあります。
これは夜間に勤務する医師や看護師の人数が日中に比べて非常に少ないため、より多くの対応や判断を迫られる可能性があるためです。
そのため、夜間に勤務する夜勤専門看護師には日中勤務の看護師よりも厳しい採用条件が提示されることが多くなるのです。

また、この夜勤専門看護師の仕事を通常の日勤勤務とは別の病院で掛け持つ看護師も少なくありません。
他の病院での経験を積むという意味ももちろんありますが、多くは収入を増やすためのアルバイトとして勤務する人です。

他の病院での経験を積み、スキルアップを目指すという意味では休みの日に別の病院でのアルバイトをするという看護師もいるようです。
普段は大きな病院で働き、休みの日には小さなクリニックで働くなど自分の看護師としての幅を広げるためにあえて研修を兼ねて働く人もいるほど、看護師の仕事というものは常に勉強を続ける仕事であるとも言えます。

どんな理由にせよ、働きすぎは禁物です。
人の命を預かる仕事だからこそ、休むことも仕事のうちと考えるのも大切な考え方のひとつとも言えます。
キャリアをとるか、お金をとるか、それともプライベートをとるのか。
それぞれの考え方があるとは思いますが、同じ看護師であってもいろいろな働き方があるので、自分にあった働き方を見つけてより充実した生活を送るというのもひとつの方法です。

こうした求人情報は日本全国にあります。
求人サイトなどで注意して探しみるのもよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

子供がいてもOK!